兵庫で犬のしつけ教室を主宰するドッグトレーナー | 兵庫県でアジリティトレーニングも行っています。ドッグトレーナー大隈智子のホームページ


ドッグトレーニング教室

犬の個性に合わせたトレーニングを行います

First-B トレーナーブログ

2014年3月20日

募金のお願い

皆さんご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

FBのメンバーで去年私のウィッツと共にアメリカUSDAAを戦った江原ジーナくん。

帰国後11月11日に突然ふらつく、などの異変が起こり、

その後江原さんはいくつも病院を回りましたが、なかなか原因も病名もわからず、

たくさんの精密検査を行ってきました。

その結果、肉芽腫性髄膜脳脊髄炎(GME)だということが判明し、

今、懸命にジーナとその病気と闘っています。

肉芽腫性髄膜脳脊髄炎(GME)とは

簡単に言うと「中枢神経系の炎症」だそうで、発症する原因は不明だそうです。

自己免疫性疾患ともいえるもので、小さなコブ、あるいは腫瘍のような塊

(肉芽腫)ができて周りの脳神経細胞に悪影響を及ぼし、

けいれん、震える、平衡感覚失調、旋回、昏睡などの症状がありますが

症状の程度や進行速度などもさまざまだそうです。

ジーナの発症当時、動画を見せてもらいましたが

平衡感覚に障害があるようでした。

治療はシトシンアラビノシドという注射を3週間おきに

朝 晩 2回の注射を2日続けて接種しなくてはならないため、

3週間おきにジーナは病院で宿泊。

その間は シクロスポリンとステロイドを服用し、

状態が良ければ ステロイドを減量し、

最終的には 注射だけになる予定だそうです。

しかし、大きな病院でしかこの治療を受けることが出来ず、

ジーナの為に江原さんはお住まいの和歌山~三重県の病院までの通いを

2往復で720km(!!)を3週間おきに通院しています。

通院するだけでもかなり費用がかかりますが、そのうえ、

治療費だけでも血液検査、宿泊入院費、注射費、内服薬などで

¥70,000近く毎度かかっているんです!

繰り返しになりますが、3週間おきです・・・!

すでに4回目のシトシンアラビノシドが終了しており、

闘病生活はすでに4ヶ月を越えています。

江原さんの並々ならぬ努力のお陰で、

ステロイドの量も減ってきてジーナは少しずつリハビリも行い

元気を取り戻してきてくれていますが、通院はまだ続きそうです。

何か出来ることはないか、ずっと考えておりましたが、

闘病する江原ジーナのために募金を募らせていただきたいと思います!

皆さん、ぜひ、お気持ちだけで結構です、

レッスンの時に募金箱を設置いたしますので、

皆さんからもジーナ君に手を差し伸べていただけませんでしょうか。。

私が責任をもって江原さんにお届けします!

どうかよろしくお願いいたします!!!!!

 

 

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ