兵庫で犬のしつけ教室を主宰するドッグトレーナー | 兵庫県でアジリティトレーニングも行っています。ドッグトレーナー大隈智子のホームページ


ドッグトレーニング教室

犬の個性に合わせたトレーニングを行います

First-B トレーナーブログ

2013年2月11日

JKC泉大津終了!

2月9日、10日とJKCのクラブ競技会に2デイズ参加してきました。
場所は泉大津。
かなりの冷え込みが予想される中、着膨れ状態で参加するも、
初日の日中は風もなく、暖かかったです。

初日のJPはとってもとっても深い事情により(笑う人はここで笑ってください…)
JPの検分が出来ず、リンク外でエア検分。
想定していたものと違うものを犬に見せてしまい失格・・・
ごめんねウィ。
その後はいつものコマンドに対するウィの反応の違いにとまどう。

 

そしてこの2デイズで両日ともクリーンランすれば
次回から3度を走れる大事なAG戦。
検分はしっかりしたものの、どうもこの日はウィと呼吸が合わせずらい。
違う犬と走ってるのか?と思うくらいJPからハンドリングしにくく
リズムも合わず。。。
AG出走前はJPのときと違う意識付けを試みた。

が。

スラエントリーミス。
で、クリアならず・・・。

呼吸があわないのも私のせい。
しっかり私がウィと呼吸を合わせなければ! 
 

2日目。

この日のほうが暖かいと予想されていたものの、
風があり体感温度的には寒かった。 

この日も残念ながらなかなか呼吸をあわすことが出来なかった。
JP、スタート地点で離れ、振り返った瞬間に何か違う、と思ったものの
もうどうすることも出来なかった。

 再びスラエントリーミス。

エントリーミスというより、昨日のAGもこの日のJPも
そこまでの私の誘導ミスだった。

呼吸が合わないのはウィと私の意識にズレがある証拠。
今回のこの状況を 次に生かすべくしっかり覚えておこう。

そして最終のAG。

タッチゾーンでひとつずつ呼吸を合わせようと思った。
思った通り、
スタートから最初のタッチまでの流れはウィに押された感が残る。 

4つめで最初のタッチ障害ドッグウォーク。
確実に踏ませることに意識を置き、ウィとの呼吸を整えた。

障害2つを越えて今度はシーソー。

ここで検分では完全に息を合わせれる予定だった。
私の選択肢は2つ。
シーソーの前でのサイドチェンジか先でのサイドチェンジか。

シーソーの前の障害の巻いた長いトンネルは
出てくるのに妙に時間差を感じるはず。
そこで先行しハードルを越えてくる犬をサイドチェンジし迎え入れると
バーノックのリスクが高まるし、そこから同時に向かうシーソーへは直線で
先の伸びるシーケンスを見ればタッチ意識も悪くなるはず。
ここは手前2つのシーケンスはインコントロールでゆったりとコントロールし、
シーソーの先でサイドチェンジすることで主導権を私だと認識させようと考えた。

この考えは当たった。

そこから先はいつものウィとの呼吸に戻れた。
そしてようやくクリーンラン。

ようやく2つ目のAG2が終了。
次回から3度までのリーチ戦となる。

今大会は私にとって大きな勉強になりました。

そしてこの日はウィ6歳の誕生日。
おめでとうウィッツ!
ウィが主役なのにクリーンランのプレゼントありがとうね♪

参加されたみなさん、お疲れさまでした!
来週の加古川に参加される皆さん、
時間通りじゃないかもしれませんが(笑)、
応援に行きますので、遠慮なく声をかけてくださいね☆

私は次回は3月のJOA!
同日のブロックに参加される皆さんの応援には行けませんが、
お互い頑張りましょう!! 

 

 

 

 

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

コメントをどうぞ