兵庫で犬のしつけ教室を主宰するドッグトレーナー | 兵庫県でアジリティトレーニングも行っています。ドッグトレーナー大隈智子のホームページ


ドッグトレーニング教室

犬の個性に合わせたトレーニングを行います

First-B トレーナーブログ

2012年4月16日

2012 アジリティアジアグランプリ

UPが遅くなりましたが2012 アジリティアジアグランプリ、無事終了しました。

変形性骨関節症を抱えたウィはどうなることやらと思いながらも

初日のAG3でクリーンランしてくれたのでファイナル権GET!

続くスティープルセミファイナル、回数を重ねると足があがらなくなるウィ。

痛恨のバー落下。

この時点でファイナルへの希望は断たれたかと思っていたものの、

ギリギリファイナルへ進出を決めました。

むかえたファイナル。

リアクロスをとったほうが流れはいいものの、バー落下を考えると、

強引でもフロントをとりたい。

ここでの戦略は成功だったものの、この後でバー落下。

スティープルは残念ながらコマを進めることが出来ませんでした。

初日が終了。

翌日はGPセミファイナルからの出走。

事前にコース発表されていたので目を通すと、左前足を痛めたウィにとって過酷なほどの

旋回コース。

前日にとったファイナル権があったので、

足慣らしをせずに本番一発にかけるようセミは棄権しました。

さぁ大勝負!

バー落下を防ぐべく、Wバーも少し踏み切らせを遅らせるよう慎重に飛ばす。

順調な滑り出し。

タッチもすべて踏ませ、

最後にシュートからの直線バーを飛んだ後呼び込むシーケンス。

ここでも検分は慎重に行った。ウィにとって落としやすいと思われる場所だった。

リアクロスをとれば間違いなく落下する。

シュートに入れながらサイドを開きフロントクロスポジションへと移動した。

慎重に飛ばせるつもりが一瞬タイミングがずれ、バー落下・・・・・

肩を落として車に戻ると、呼び出しが。

ラージクラスはノーミスがいなかったらしく、なんとウィが優勝しました。。

しかしながら、代表入りはノーミスが条件。

今大会のラージクラス代表はお台場へと持ち越しになりました。

せっかくウィがファイナル権を獲ってくれたのでお台場で再チャレンジすることにしました。

お台場で今年の代表者がすべて決定します。

今大会で代表を入りを決めた皆さん、おめでとうございます!

後に続けるよう私も頑張らなくては!

お台場は今月末です!頑張りましょう~~\(^o^)/